展覧会7日目

今日は午前中に岡山県立美術館に行ってきました。



江戸の軌跡・明治の輝きという展覧会でした。私のお目当ては伊藤若冲でしたが、若冲の作品数が少なかったのと超有名な作品がほとんど無かったので、かなり消化不良気味に終わりました。若冲だけの展覧会ではないので、ある意味しょうがないのですが。。。


そうかといえば作品点数は少なくても、何度見てもいいなと思ったのは美人画で有名な上村松園でした。修業時代には上村松園の美人画のカレンダーを買っていましたので、すでにファン歴は30年になります。


県立美術館を出た後は、ギャラリー遠音には11時半ごろに到着しました。今年は桜の開花時期に気温が低く、遠音の八重桜はまだ3分咲くらいです。本来ならば4月の展覧会には満開になっているはずなのですが、ソメイヨシノの花がまだあちこちで残っている状況です。




展覧会の方ですが、遠方より木工作家の児玉正和さんがいらっしゃいました。児玉さんは9月に遠音で展覧会を開催されることになっています。工房のある丹波篠山市についていろいろとお話を聞かせていただきました。一度訪ねてみたいと思いました。


結局、ギャラリーには毎日在廊することになりそうです。皆様のご来場をお待ちしています。








3回の閲覧

最新記事

すべて表示

トイレの神様の験担ぎ

本日、ギャラリー鳥たちのいえでの個展は無事終了しました。 最終日は生憎の風雨となりました。今日の来場者は会期中で1番少なかったです。武漢ウイルスの影響で、急遽会場が2階のギャラリー2から1階の広いギャラリー1に変更となりました。来場者のソーシャルディスタンスを確保する事が目的でした。この変更はギャラリー側からの提案でしたが、ギャラリー1は入り口を広く開放でき、壁、天井、展示台が白で統一されているの

@2023 by Sol Fitzgerald. Proudly created with Wix.com